銀座のジュエリーショップで探したおすすめ婚約指輪カタログ

定番&最新デザインをチェック!

銀座で探したおすすめ婚約指輪まとめ

銀座に建ち並ぶ、おしゃれで高級なジュエリーショップで取り扱っている、おすすめの婚約指輪をご紹介します。婚約指輪の種類には、主に「ソリティア」「メレ・パヴェ」「エタニティリング」があります。これらのデザインをベースに、それぞれの個性を生かした指輪づくりをしているブランドと、その主力商品についても詳しく説明します。流行のデザインをいち早くチェックしたい人にお役立ちの情報が満載ですよ!

銀座で見つかるオススメの婚約指輪カタログ

婚約指輪の定番「ソリティア」

「ソリティア」は、リングにルース(石)が一粒だけ付けられた、ごくシンプルなデザインの指輪です。付ける人を選ばず、年配の方の受けも良いため、婚約指輪の定番として人気があります。独特な6つの立て爪のデザインは、ティファニーが考案した「セッティング」と呼ばれるスタイル。各ブランドによって、立て爪の数やルースのカッティング、リングの素材などに工夫がなされ、数多くのソリティアリングが私たちの目を楽しませてくれます。ただし、爪の部分が洋服に引っかかったり、食器を傷つけてしまったりすることも。普段使いしたい場合には、爪のないデザインにするなどの工夫が必要となります。地金の部分に溝を作り、ルースを埋めて固定する「ベゼル留め」などがおすすめです。

可愛く?スタイリッシュ?個性の光る「メレ・パヴェ」

婚約指輪の代表的なデザインの一つである「メレ」は、センターに配された大きめのダイヤの隣に、小粒のダイヤをいくつか散りばめたもの。メレが中心となるダイヤを引き立て、一層輝きが増し、華やかな雰囲気を演出します。一方、「パヴェ」は、まるで石畳のようにリング全体にメレダイヤを敷き詰めたデザイン。ゴージャスでありながら、エレガントさを醸し出し、身につける人の女性らしさを引き立ててくれます。センターに大きめの宝石を持ってくると、さらに華やかに!どちらのデザインも、サイズ直しやリフォームがしにくいという、欠点を持っているため注意が必要です。慎重に、サイズやデザインを決めていきましょう。

永遠を誓う「エタニティリング」

「エタニティリング」は、同サイズ・同カラットのダイヤを、途切れることなく散りばめた指輪です。“永遠”という意味があり、結婚を誓い合う二人にはまさにぴったり。リング全周にダイヤを散りばめたものは「フルエタニティ」、半周のものは「ハーフエタニティ」と、区別されます。フルエタニティは高級感がある上、指輪が回りやすい人にとっては、どの位置が正面に来ても違和感がないため、気楽につけられます。その反面、サイズ直しなどのリフォームができない、というデメリットも。ハーフエタニティも、一部のデザインはリフォームができないので注意が必要です。